たいよう薬局|沖縄県久米島唯一の調剤薬局です

お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 2020年のお知らせ一覧

お知らせ一覧

久米島高校「キラ人講和」参加&大岳小学校グッジョブ職場体験受け入れを行いました!

こんにちは!広報担当の上江洲です!

先月のことになりますが、9月9日(水)に久米島高校のまちづくりプロジェクト授業で行われた「久米島のキラ人講和」にたいよう薬局の薬剤師1名が参加してきました!また、10月6日(火)には大岳小学校よりグッジョブ運動の職場体験の受け入れを行いました!

 

久米島高校まちづくりプロジェクト「久米島のキラ人講和」

久米島高校まちづくりプロジェクトでは「地域で活躍している人材とともに久米島の課題と今後について考える」ことを目的に実施されていて、島内外から様々な職業の方11名が講師として参加していました。

たいよう薬局からは薬剤師の前田が講師として参加し、薬剤師や医療に関する話に加え、青年海外協力隊としてアフリカのマラウイ共和国に行っていた経験なども交えながら約40分ほどお話させていただきました。

「なぜ薬剤師を目指したのか」「なぜ青年海外協力隊をしようと思ったのか」など自分のキャリアを説明しながらその当時は何を感じて、どう考えて、行動したのかをかなり細かく話していましたが、質疑応答の時間には生徒さんから「医療の研究ではなく臨床を選んだのはどうして?」「JICAに参加したいけど働いて経験を積んでからの方が良いの?」などより具体的な質問もたくさん出ていましたよ!

島で学ぶ子どもたちの中で少しでも医療分野に興味を持ってくれる子が増えたら嬉しいですね。
久米島高校の皆様、今回はお声かけいただきありがとうございました!

 

クッジョブ運動 職場体験

グッジョブ運動の職場体験(ジョブシャドウイング)で大岳小学校5年生の高橋りく君がたいよう薬局本店に来てくれました!

実はたいよう薬局の本店でグッジョブ体験を受け入れるのは久しぶり。ゆっくり色々とお話したいところでしたが、この日はいつもより忙しく…(・・;)でも薬局に入荷してきた薬の検品をお手伝いしてくれたり、いろいろな仕事を見ていただくことはできたかなと思います。

薬局は利用する機会があっても、薬剤師が裏で薬を作っている様子は見えにくいので、今回の職場体験をきっかけに「薬局はこんな仕事をしていたんだ!」といろいろな発見に繋がってくれていたら嬉しいですね。

りく君、お手伝い頑張ってくれてありがとう!

新型コロナウイルス感染の懸念から、電話診療後、お薬の受け取りが可能になりました。

新型コロナウイルス感染の機会を減らすために、病院・診療所へ通院しなくても電話・オンライン診療をした上で、たいよう薬局で薬を受け取ること(又は宅配 ※送料手数料別途)が可能になりました。
公立久米島病院の他、沖縄本島や県外の病院からの処方にも対応いたします。
以下の手順にしたがって電話診療・電話処方をご利用ください。

①かかりつけ医師に、電話・オンラインによる診療、処方せん発行を行っているかご確認下さい。
②初回診療や対面診療が必要と判断される場合、お薬の内容によっては受診を促す場合がございます。
③薬の受け取り先(処方せんの送信先)としてたいよう薬局のFAX番号を医師や病院にお伝えください。

【たいよう薬局本店 FAX番号】098-985-4402
【たいよう薬局東店 FAX番号】098-985-8041

④たいよう薬局から電話にてご連絡。お薬の受け取り方法をご選択ください。
<薬局で受け取る場合>
お渡し時に薬剤師によるお薬の説明を行います。お薬代はその場でお支払いください。
<郵送で受け取る場合>
電話にて薬剤師によるお薬の説明、体調の確認を行います。
お薬を受け取りの際に代引きでお薬代+送料手数料をお支払いください。

ご不明な点がございましたら、たいよう薬局にご連絡下さい。

<沖縄県の相談窓口>
・新型コロナ感染症 相談窓口 :098-866-2129(24 時間対応)
・帰国者・接触者センター :098-889-6591